「ほっ」と。キャンペーン

鹿島アントラーズ

こんなに見応えのある試合はかなり久しぶりである。
クラブワールドカップ2016


鹿島アントラーズって、こんなに強かったんですね。
ボール保持率は低かったけど、十分攻めてて、決定的なチャンスもものにしていたと思う。
日本代表よりも強いんじゃないかと思う。
鹿島アントラーズをそのまま日本代表に入れ替えちゃえばいいと思ったほど。


試合をみてて、少し気になった点は、小笠原をファブリシオに交代させたのは何故だ?ファブリシオ、全然仕事していなかったけど^^;
そこからなんとなーく流れが変わった感じがする。


そして、さんまの発言

「MVPはレフェリー」

ふざけるのは止めてほしい。真剣に勝負をしている場面であり、こういったふざけた発言は毎度CWCで起きており、憤慨!
クラブワールドカップからさんまを外してほしい!
最後の最後にイラっとしたわ。


今後。
GKの曽ヶ端は日本代表に復帰できないだろうか。年齢(37)はネックになるのか。身長もある、経験もある、技術もある。
ハリルホジッチ監督も観に来ていた。目に留まらないだろうか。
芝崎は欧州に売却。
昌子も同様に。

今後が楽しみ。

[PR]
# by leebranch20 | 2016-12-18 22:57 | 日記 | Comments(0)

FIRST & THUN

グリンデルワルト2日目。翌日は雨で予報では1日雨とのこと。
雨の中、寒い中、ハイキングをするのは如何なものか?と、友達と話し、一旦はチューリヒに戻ろうと話したのですが、
折角きたグリンデルワルト。あとの人生で1度来るか分からない・・・
そうなったら、寒くても、濡れてもFIRST(フィルスト)に行くことに!

e0341275_23513260.jpg
ゴンドラで標高2000m付近まで近づきます。
ところどころ、牛についている大きな鈴がゴンゴーンと鳴り、スイスを感じられました!
e0341275_23514280.jpg
FIRSTには、こういった岩壁についたスリリングなコースがあります!
尚更、雨&風の日はより怖い^^;高所恐怖症の人には恐ろしくてたまらない場所でしょう!

しかし、私は高いところ大好きなので、わくわくして大興奮でした(笑)
アジア系の旅行客が結構多く、写真撮影大会が開かれ、進みにくかったです。。。
下の写真は、結構怖かったかも?下が見えないくらい深かったから、風が吹くと軽く揺れるんですよ!
「ふぁ!落ちる!?」と一瞬よぎった^^;

e0341275_23522183.jpg
スリリングなコースを抜けて、上へ登って行くと、グリンデルワルトの麓が見えてきました。
よくみると霧はちょうど街中だけかかってますね。上に登れば結構視界は開けていたので、来て良かった!

e0341275_23523108.jpg

どんどん上に登って行ったのですが、あまりにも寒くて、途中で折り返し、帰路にいたりました!
途中、THUNに下車。小さな街でしたが、可愛いお城があるのでもう一度行きたくて!

エーデルワイスも蜘蛛みたいで、可愛かった(?)

e0341275_23531517.jpg

e0341275_23532463.jpg

THUN城。ドイツの古城とは違って城壁はなめらか。威厳さは感じられないけど
街からも眺められとても好きです!犬山城的な感じかな?
e0341275_23530525.jpg
街は小さいので1時間くらいで1周。
身体を休めるためにすぐチューリヒのアパートへ戻りました。


[PR]
# by leebranch20 | 2016-11-15 00:04 | ∟2016Switzerland | Comments(1)

モーゼルワイン

e0341275_13425555.jpg

タカシマヤに行き、ワインを購入。
ワインの知識は無に近い。
しかし、モーゼルワインは美味しいということだけ知ってるので
店員さんにお願いしたところ1つだけ取り扱っていると紹介してくださいました。

モーゼルワインはブドウ種がリースリングなので、さっぽり甘く飲みやすいのです。
2015年にドイツのコッヘムに行ったときに出合ったモーゼルワインに一目ぼれ!

日本ではフランス・イタリア・チリが主流ですけど、ドイツワインはとても飲みやすく優しい味が多いと思います。
ワインが苦手な人には是非、モーゼルワイン(リースリング)からどうぞ!(笑)

[PR]
# by leebranch20 | 2016-11-10 13:47 | 日記 | Comments(0)

アイガーに魅せられて。

ベルンを後にし、1泊2日のグリンデルワルト。
4泊ぐらいしたいぐらい素敵な場所でした。

チューリヒから3時間ほどかけて移動です。スイスパス利用なので、お金はかかりません。
インターラケンまでの景色はとても移り変わり、スイスのいろんな表情を観れてよかったです!
e0341275_22470470.jpg

トゥーン湖を左に眺め、インターラケンまで。車両に乗っている人は、2組ほど。
インターラケンで乗り換えで、終点グリンデルワルトへ向かいます。
乗り換えで待っている人たちは観光客がすべてでした。


到着すると、現地は晴れていました。アイガー北壁は少しかげっていましたが、観光案内所の情報だと午後はもっと曇ってくるとのこと。
e0341275_22471290.jpg
慌てて、ユングラウフ行きの登山列車切符を購入します。到着した時はすでに10時を回るころだったので。
山の天気はすぐ変わるから、思い立ったら即行動!ホテルのチェックインなんて後後!!!

しかし、やはりスイス。物価が高い!!!登山列車の値段が万単位です(泣
ここまで来たら払いますよ!!!






終点につくころ、天気は快晴に近いほどでした!
厚い氷の覆われた山脈は、とても眩しくて寒くて痛くて・・・

でも、感動の方が大きくてずっと居れました!!
e0341275_22474361.jpg
「ユングラウフ!!!!」

e0341275_22474960.jpg

標高が高いので、高山病になりかけます!頭痛・眩暈・息苦しさ。
だんたん、耐えかねなくなり、2時間ほど滞在し帰路へ至りました。

麓へ戻ると、天候は一変。雨・霧に包まれ静かなグリンデルワルトの街に戻っていました。


e0341275_22484531.jpg
部屋は4人部屋を2人で贅沢に使用。雨に濡れた登山グッツを乾かして、夕食を食べに!
ラクレットと白ワインを嗜み、眠りにつきました。
e0341275_23005698.jpg
e0341275_23010341.jpg
翌朝、窓を覗くと、雨&霧です・・・。
雨・・・雨・・・><。
残念です。予定していたフィルスト散策は迷いますが、せっかく来たのでゴンドラに乗って向かいました。


つづく!


[PR]
# by leebranch20 | 2016-09-27 23:05 | ∟2016Switzerland | Comments(0)

2日目ベルン

チューリヒから1時間もかからず到着。
スイスパスを購入していたけど、指定日ではなかったので実費。
片道50フラン。往復で100フラン!!約1万円強。高い^^;


到着してから、あいにくの雨?でしたが、やんだり降ったり。国旗・州旗が羅列されていました。
e0341275_12552127.jpg

展望台に登って街を見渡すと、コンクリート色の灰色ではなく、優しい色味のある屋根が映えますね。
e0341275_12553615.jpg
e0341275_12555249.jpg

河の色は、アルプスから溶けた氷河の成分で色がとても綺麗。
日本にはない光景でとても興奮します。NZやCanadaにもみたことあるけど、それぞれ色が微妙にちがうので面白いですね。

e0341275_12554341.jpg
昼食はワインカフェで。
雨が降ってきそうとのことで、テラスではなく中へ案内されました。
地球の歩き方でクチコミよさそうだったので、前から調べて狙っていきました!

日本のカフェを想像すると軽い感じしますが、全然素敵なレストラン。
照明は間接照明と窓から射す陽の光りでクラシックな雰囲気が流れてました。

e0341275_12571688.jpg
頼んだ料理は、もちろんステーキ!
海外は日本と違って美味しいステーキがリーズナブルに食べれるから好き!

赤ワインも一緒に。
e0341275_12555845.jpg
会話を楽しみ、ワインにほろ酔いしていたころは外は大雨。
テラスにいた方は慌てて中へ。

この時期、ニュースにもなってましたが、ヨーロッパ各地で浸水や川の氾濫が相次いでいたのです。



お腹いっぱいになり、雨がそろそろ止みそうなころ
街を一望できる丘へ行きました。

e0341275_12561912.jpg
折角なので、滅多に撮らない花を入れて
一眼レフで遊んでました。笑
e0341275_12561147.jpg

その後も、雨が降ってきたのでここを足早に戻る。

天候に悩まされたスイス旅行となったのでした^^;
晴れたら暑いし、雨降ったら寒いし。
いろいろと疲れた旅でした。



次は
グリンデルワルト。
チューリヒに大型荷物をアパートにおいて、1泊2日の荷物で贅沢旅行してきました★


[PR]
# by leebranch20 | 2016-09-22 13:11 | ∟2016Switzerland | Comments(0)